Top > 現金化 > 銀行融資とクレジットカードの現金化はどう違うのか?

銀行融資とクレジットカードの現金化はどう違うのか?

銀行には、どんな用向きで訪れたりするでしょうか。ほとんどの場合は預金の預け入れや引き出しに使うのではないでしょうか。 

振り込みや保険契約、積み立てや融資といったものも銀行を頼るというのもありますよね。

もし現金がどうしも必要な時にとれる行動というのはそんなに多くはありません。

その一つがクレジットカードの現金化であり、銀行融資もまた別の方法となるでしょう。

ではこの二つは具体的にどのような点で異なるのでしょうか。

銀行融資は現金を融資することが前提となっている一方、クレジットカード現金化というのは本来その会社が用意した本来の用途ではないというのがわかります。

 

もとをたどれば、支払いを信用によって成立させるものがクレジットカードです。そこに利用限度枠をつけて使用させることこそがカードの本来の使い方となります。

でも現金化をすることは裏道のようなものでありながら、確かに確立された方法なので、それ自体を行うことでより効率的に現金に換えることができるわけです。そうならば、大きな問題が起きることはありません。

 

むしろ、銀行融資の場合はもちろんですが、消費者ローンやローン会社のように利子の高いところで現金を借りてしまうと、現金かよりも高くつくこともあるのです。

それでも、リスクの高い現金化よりも融資でという人もいるかもしれませんが、きちんとやればリスクはそれほど発生しませんし、最近では闇金や悪徳金融などなど融資先に問題があってそっちの方がリスクが高くなっているくらいです。クレジットカードの現金化で出来る限り換金するという選択肢をいつでも確保しておきたいのです。

現金化

関連エントリー
銀行融資とクレジットカードの現金化はどう違うのか?